骨格診断

骨ストが絶対に着てはいけないコート&絶対に着てほしいコートまとめ!

この記事では、骨格診断「ストレート タイプ」の方に似合うコート、似合わないコートの選び方を、種類ごとに詳しくお伝えしています。
 
コートと言っても、いわゆるショートコート(ダウンジャケット等)やテーラードジャケットなどのアウター全般すべて網羅しております。
 
ではまず、骨格ストレートの身体的特徴と、コートの選び方の基本的な考え方から。
 

 
 

 

【はじめに】骨格ストレートの特徴

まずはじめに、骨格ストレートとはどんな特徴を持っているのか、というところを知っておくと話が把握しやすくなると思いますので、こちらから解説していきます。
 
PobbyHouseで骨格ストレートの記事を読んだことがある方にはおなじみの内容ですので、飛ばしていただいても大丈夫ですよ。
 
 
※アウターを選ぶ上で、骨ストの強みになる部分は青文字弱みになる部分は赤文字強みにも弱みにもなり得る部分は紫文字にしています(女性基準です)。
 

【ストレートタイプの骨格の特徴】

  • 体全体に立体感があるメリハリボディ
  • どちらかというと上重心
  • 肌に弾力とハリがある人が多い
  • 後頭部に丸みがある(=絶壁ではない)人が多い
  • 首は身長に対して短めの傾向
  • 背中側の首の下部分の背骨があまり目立たない
  • 横から見ると肩に厚みがある
  • 肩先が丸い
  • 鎖骨があまり目立たない
  • 胸からウエストまでの距離が短く、腰の位置が高い
  • 膝の皿(半月板)が小さく目立たない
  • 太ももが太くなりやすく膝から下が細い
  • 手の平は身長の割に小さく、厚みがある傾向
  • 横から見て、鎖骨からバストトップまでが直線的につながる傾向
  • 胸に厚みがあり(骨格が前にせり出しているため)、横から見ると立体的(男性の場合、ハト胸傾向)
  • 腰部、お尻にも肉がつきやすい

 
なんとなく流し読みしていただければ大丈夫です。後でアウター一種類ずつ解説していきます。
 
 
 
 


 

骨格ストレートのコートの選び方の基本的な考え方

  • 骨格ストレートはもともと立体的でグラマラスなため、飾り立てる必要性があまりない。骨格自体が一つの武器と考えましょう。
  • ゴテゴテと装飾が付いたものは、むしろ着ぶくれする恐れがあります。
  • そのためシンプルですっきり、上質なファッションが似合います
  • 大きすぎず小さすぎないジャストサイズが似合います
  • 首が短めな傾向で首元が詰まった印象になりがちなため、Vネック等、胸元が開いた服を着るとスッキリします
  • 大原則として、ショートコートよりもロングコートが似合います。骨ストは超上重心型(=上半身でかい)なので、ショートコートは上半身だけが大きくなりがちで上下バランスが崩壊しやすいためです

 
これを踏まえて、ここからは骨格ストレートに似合うアウターを一つ一つ解説していきます。
 
  
  
  


 

骨ストに似合うアウター① 【チェスターコート】

似合う度:
 

DHOLIC ウールブレンドロングコート

画像は、楽天で70件以上のレビューがありながら星4.3以上をキープしている超売れ筋チェスターコートです。毎年秋冬にこれが売れるんですよね。今や楽天秋冬の風物詩となったロングラン良品です。
 
 
 
骨ストに最も似合うコート第1位はチェスターコートです。
 
男性であれば冗談抜きで2階級くらい出世(係長⇒部長)した感じになりますし、女性であればゴージャスなイイ女度がアップします。

骨ストの特徴をいちいち活かしてしまう完璧な相性。挙げればキリがありません。
 
・骨ストの立派な体格を活かすかっちりした上品なデザイン
・ロング丈で上重心を解消できる
・ハリのあるウールコートのような生地を選べば肌質とよく合ってクラス感がアップ(ツイードのような荒々しい素材はあまりよくない)
 
 
選び方としては、ジャストサイズのもの、ハリのある質感のものを選びましょう
着丈は、短いと上重心を解消しきれないですからヒザこぞうあたりまでの長さがあったほうが良いです。
身長160㎝なら着丈100㎝前後が目安でしょうか。
 
骨ストならシンプルなものを選んでも寂しくなりません。むしろフリルやらファーなんかがついてモコモコしているものだと着膨れします。
オーバーサイズは一番ダメです
 
 


 
 
 
 

 

骨ストに似合うアウター② 【トレンチコート】

似合う度:
 

MiLuLu トレンチコート

 
トレンチコートは、地域にもよりますが春・秋・冬と多くのシーズンにわたって使える汎用性の高さが魅力です。
使用頻度で言えばチェスターコートよりも多くなるでしょう。
 
骨ストにとってベストなのはパリッとハリのある綿素材のトレンチです。
 
トレンチコートが骨ストに似合う理由は、チェスターコートとまったく同じです。
・骨ストの立派な体格を活かすかっちりした上品なデザイン
・ロング丈で上重心を解消できる
 
 
選び方もチェスターと同じです。ジャストサイズのもの、ハリのある質感のものを選びましょう
 
トレンチコートのクラス感をもっとも活かせるのが骨格ストレートの醍醐味です。
 
男性なら立派に、女性ならスマートな印象になります。
ヘタなカジュアルファッションで休日のおばさん風になるくらいなら(骨ストは少しでも気を抜くと簡単にそうなります)ピシッとかっちりファッションできめた方が一皮むけます。
 
 

骨ストに合うトレンチコート、おすすめの名品


 
 
骨格ストレートには、チェスター・トレンチ以外のロングコートも同様に似合います。
もちろんロングカーディガンシャツワンピースの前開けもコートと同じように似合いますので、春夏でもロングコート効果が期待できます。
 
ただし、厚手のダウンコートだけは着ぶくれに注意した方がいいでしょう。
 
 
 
 

 

骨ストに似合うアウター③ 【ジャケット】

似合う度:
 

SNIDEL Sustainableダブルジャケット

 
骨格ストレートにはジャケットが恐ろしく似合います。
 
ベストなのは、パリッとハリのある質感のテーラードジャケットです。

骨ストにジャケットが似合う一番の要因は、ガタイがイイのでジャケット姿がまったく貧相に見えない点です。
 
それに、骨ストは上重心のためショートコートが苦手だと先ほど言いましたが、ジャケット一枚なら着ぶくれの心配もありません。
 
 
テーラード以外で骨ストに似合うジャケットの種類は、
・デニムジャケット(デニム生地は骨ストの肌質によく馴染む)
・レザージャケット(ハリがあってツヤが少ないものが肌に馴染む。着るなら高級感のあるものを)
などが挙げられます。
 
ジャケットが似合う女性芸能人にはストレートタイプが多いです。
米倉涼子さん、篠原涼子さん、小泉今日子さん、黒木メイサさん、滝川クリステルさん。
どなたも「立派で頼りになる」イメージがありませんか。骨ストのイメージ通りの雰囲気になっています。
 
 
ジャケットを選ぶ際の注意点は、サイズ感のみです。
とくに肩のラインがしっかり合ったジャストサイズのものを選びましょう。
肩部分がずり下がったオーバーサイズ気味のものは確実に爆死します。
アンニュイさなど出ません。
 
 


 
 
 
 

 

骨ストに似合わないアウター 【厚手のショートコート類】

似合う度:
 
 
厚手のショートコートは骨ストの上重心を強調してしまいます。
しかも骨ストはヒザから下が細く、太っても肉がまったくつきません
 
そのため、よほど薄手のショートコートでもない限り上下のバランスが崩壊してしまいます。
 
 
ダウンジャケットが一番の要注意アイテムですが、以下のショートコートも骨ストにとっては要注意です。
・ダッフルコート
・ピーコート
・厚手のブルゾン
・ショートトレンチ
・ポンチョ

 
もちろんダウンジャケットでも、薄手で暖かいものがあれば着て大丈夫です。ウルトラライトダウンなんて許容範囲かもしれませんね。
 
逆に、重心と着ぶくれの二点にさえ気を付ければ、貧相に見える心配はまったくしなくていいので、骨ストはアウター面ではなかなか恵まれているとも言えます。
 
骨格ストレートのアウター選びの参考になれば幸いです。
それでは、お読みいただきありがとうございました。

 
 

-骨格診断
-

© 2021 Pobby House Powered by AFFINGER5