骨格診断

骨格ストレートタイプ(骨スト)の特徴、似合う服、髪型、芸能人、太った場合どうなるかまで。ストレートタイプのすべて

「骨格診断」をご存じですか?
人には、骨格によって似合う服・似合わない服があります。

これを理論体系化したものが骨格診断です(当サイトでは、適当な類推ではなく、一般社団法人骨格スタイル協会の定める基準に基づいて記事を書かせていただいております)。

 

顔がかわいいかかわいくないか、またはセンスがあるかないか、といったようなあいまいな要素で服の「似合う・似合わない」が決まる、というのは完全な間違いです。

 
骨格の知識を身に着けて、今まで「センス」とかいう理不尽な言葉で片付けられてきた聖域に、論理的に踏み込みましょう。
 
 
この記事では、骨格「ストレートタイプ」に関して分かる限りのすべての事柄を書きました。
唯一、ストレートタイプの芸能人については別記事でご紹介しています。
ご興味のある方はこちらもご覧ください


 

この記事を書いたのは、典型的なストレートタイプ(ただし頭は絶壁)のPobbyHouse管理人ヤヤです()。

 

【はじめに】ストレートタイプの特徴


出典:一般社団法人骨格スタイル協会公式サイト「骨格スタイル分析とは」

こちらの画像が、一般社団法人骨格スタイル協会の公式サイトにある骨格3タイプのイメージ画像と基本的な特徴のキャプションです。
左端がストレートタイプです。 

では、その他の特徴も以下にまとめます。
 
 
【ストレートタイプの外見的特徴】

  • 体全体に立体感があるメリハリボディ
  • どちらかというと上重心
  • 肌に弾力とハリがある人が多い
  • 後頭部に丸みがある(=絶壁ではない)人が多い
  • 首は身長に対して短め
  • 背中側の首の下部分の背骨があまり目立たない
  • 首から肩までの距離も短め
  • 横から見ると肩に厚みがある
  • 鎖骨があまり目立たない
  • 胸からウエストまでの距離が短く、腰の位置が高い
  • 膝の皿(半月板)が小さく目立たない
  • 膝上が太く、膝から下が細い
  • 手の平は身長の割に小さく、厚みがある傾向
  • 横から見て、鎖骨からバストトップまでが直線的につながる傾向
  • 胸に厚みがあり、横から見ると立体的

 
 ※これはあくまで基本的な特徴です。人体は千差万別で、一部当てはまらない部分がある、という人がほとんどですので心配しないでくださいね。
 
 
 

ストレートタイプに似合うファッションは?

  • もともと立体的でグラマラスなため、飾り立てる必要性があまりない。骨格自体が一つの武器。
  • そのためシンプルで上質なファッションが似合う
  • トップス・ボトムスともにジャストサイズが似合う
  • 首が短めで首元が詰まった印象になりがちなため、Vネック等、胸元が縦に開いた服を着るとスッキリする
  • 丸首、Vネック、Uネック、スクエアネック、ボートネックが似合う
  • 上重心のため、ワイドパンツは重心バランスが取れるので似合いやすい

 
ストレートタイプの基本的な軸となる考え方は、「ジャストサイズ」です。
大きめでもなくピチピチサイズでもなく、ジャストサイズが最もよく似合うということを念頭に置いておきましょう。
 

 
 
 

ストレートタイプに似合わないファッションは?

  • 体型が立体的なため着ぶくれしやすい。ボリューム感が出る服に注意
  • 小さめのサイズの服を着るとムチムチ感が出すぎる
  • スキニーパンツはムチムチして見えがちな傾向
  • 上重心の傾向が強いので、上半身がゴテゴテと装飾的になると、バランスが崩れる。例えば、パフスリープ=「ぽわん袖」は似合わない傾向あり
  • オフショル、フレンチスリーブ、ベルスリープ、ドルマンスリーブは着ぶくれ、またはたくましく見える傾向がある。タートルネックは薄手のものならOK 
  • 鍛えていない場合、ショートパンツ、クロップドパンツは太ももが太く見える可能性が高い 

 
ストレートタイプは、3タイプの中で最もグラマラスな分、最も着ぶくれしやすいです。
  
また、モデルのように鍛えて体をシェイプアップしている人は別ですが、鍛えていない通常のストレートタイプの人がスキニーパンツを履くと、太ももが非常にムチムチして見えてしまう傾向があります。
さらに、上半身が大きく、膝下が細いため、特に男性がスキニーを履くと、上半身が大きくて下半身が極端に細い「カラス」みたいな体型になりがちです。
 
 
 
 
 

ストレートタイプに似合う生地素材

ハリのある上質な素材が似合います。

  • 綿
  • シルク
  • カシミヤ
  • 光沢感がなく、ハリのあるポリエステル
  • ウール
  • サテン
  • デニム
  • コーデュロイ
  • レザー

綿のシャツはキメが細かいもの。コーデュロイもうねが細かいもの。
基本的にデニムはダメージ加工がないハリのあるものが似合います。
 
 
 
 

ストレートタイプに似合わない生地素材

体に厚みがあるため、テロっとしたいわゆる「とろみ素材」は非常に着ぶくれします。
同様の理由でふんわり素材も着ぶくれ。

  • レーヨン
  • ベロア
  • シフォン
  • ナイロン
  • モヘア
  • エナメル
  • ざっくり編みのニット(網目の細かいものはOK)

 
 
 

ストレートタイプに似合う柄

メリハリの効いた大きくはっきりとした柄、色のコントラストが効いたものも似合いやすい。

  • ストライプ
  • ドット
  • 花柄
  • チェック
  • ボーダー
  • ボタニカル

 

ストレートタイプに似合いにくい柄

  • 子花柄
  • ペイズリー
  • キャラクタープリント
  • アシンメトリー

どの書籍を読んでも、ストレートタイプには「キャラクタープリント柄」がNG指定されているのには苦笑いしてしまいました。
確かに、ウェーブ/ナチュラルタイプがキャラクターものを着ると洒脱に決まる可能性があるような気がしますが、ストレートタイプが着るとギャグ(出オチ)になってしまうような気もします。
  
  
  
 

ストレートタイプに似合うアウター

基本的に、シンプルでしっかりした仕立てのものが映えます。
 

  • ショートコートよりはロングコートが似合いやすい
  • ジャストサイズのテーラードジャケットやブレザー
  • チェスターコート
  • お尻くらいの丈のウールコート
  • トレンチコート
  • ライダースジャケット
  • レザーコート
  • ブルゾン

 
ダウンジャケット・ダウンコートは着ぶくれして見えやすいので注意を。
 
 
チェスターコートは、ノーカラーではなく、このように襟のついたものを。ストレートタイプには驚くほどキレイに決まります。
 
 ⇒チェスターコート一覧はこちら(楽天)
 
 
 
 
「お尻くらいの丈のウールコート」は、例えばこんな感じです。

お尻くらいの丈のウールコート一覧はこちら(楽天)
 
 
詳しくはこちら
「骨格「ストレートタイプ」体型に似合う服は?基礎から春夏秋冬別の服まで詳しく」
 
 
 
 

ストレートタイプに似合うニットトップス

ここでもやはりシンプル&ジャストサイズが基本です。

  • Vネック
  • 網目の細いもの
  • ニットに凸凹のデザインなどがないシンプルなものが良い

例えば、ストレートタイプの男性が間違ってゆったりサイズのニットを着ようものなら、年齢関係なく「日曜日のお父さん」感が出てしまうことは必定です。または、「それ部屋着?」と言われるくらいキマらないでしょう。
 
Vネックが似合うのは、首が短めな傾向にあるストレートタイプの首元をすっきりさせてくれ、さらに縦長効果も期待できるためです。
 
 
 

ストレートタイプに似合うYシャツ

シンプル&ジャストサイズ。もちろん。

  • パリッとした質感のもの(とろみ系は着ぶくれ)
  • 綿100%、もしくは綿+麻が良い
  • ブラウスであれば、スタンダードな襟のものか、ボウタイが良い

 
無理して小さめのシャツを着ると、男性の場合暑苦しく、女性の場合、むっちりしすぎて見える恐れがあります。
 
 
 

ストレートタイプに似合うTシャツ

ジャストサイズ…いうこと同じでゴメンナサイ…
 
ビッグTシャツは、よほどスタイルが良い人以外は太く見えてしまいます
。 ※「ビッグTなんだから太く見えて当たり前だろ!」ですか?
ところが、これを例えばナチュラルタイプが着ると、「太い」じゃなくて、なんかこなれてしまうんですよね…。
 
 
 
 

ストレートタイプに似合うボトムス

もちろんジャストサイズです。パンツの場合はレギュラーフィットといいますね。

  • ストレートパンツ(レギュラーフィット)
  • ブーツカット
  • ワイドパンツ
  • ひざ上丈スカート、マキシ丈スカート、タイトスカートが似合う

【!】ストレートタイプの女性は、ひざ上丈(ミニ)スカートを履くと太ももの肉感を拾ってしまうと言われています。
ただし、長澤まさみさんや上戸彩さん(ストレートタイプ)が良い例ですが、足を極限までシェイプアップしている人は、どのスカート丈でも履きこなせます。
上の例はあくまで、通常のストレートタイプの傾向です。
 
 
 
 

ストレートタイプに似合うワンピース

  • 基本的に、体にフィットするジャストサイズが〇
  • テントライン・バルーン・コクーンワンピースは特に着ぶくれする恐れあり
  • ゆったりサイズの場合、ウエストマークがあるものが良い
  • ノースリーブワンピースは首元が詰まりすぎていないものを

 
ワンピースもやはり、体のラインに沿った、大きすぎずタイトすぎないものがストレートタイプには一番似合います。
 
よく、胸の大きい人が胸元から布がストンと下に落ちるタイプのワンピースを着ると太って見えますよね。
あれと同じ原理が働くのがストレートタイプです。
ウエストマークのないワンピースを着ると、十中八九着ぶくれすることは必至です。
 
 
fifthなどはウエストマークのあるワンピースがほとんどですね。デザインもかわいいので一見の価値ありです。

fifth ワンピース一覧はこちら 
 
 
 
詳しくはこちら
「骨格「ストレートタイプ」体型に似合う服は?基礎から春夏秋冬別の服まで詳しく」
 
 
 
 

ストレートタイプに似合う髪型

ラフよりは、きちんと感のあるスタイルが映える。

  • ストレートヘア
  • パーマなら毛先だけカールなど
  • 重くないボブ
  • ショート
  • ストレートロング(毛先カール)
  • シニヨン

ストレートタイプにショートヘアがものすごく似合う!というよりは、上半身が重めの人の場合、軽やかな印象にできるため有効です。
長澤まさみさんにはもちろん鬼似合っていますね。

メリハリのあるストレートタイプの場合、シニヨンにしてもだらしない方に行きにくい強みがあります。
 
 
詳しくはこちら
「骨格ストレートタイプの髪型で一番似合うものは?顔タイプ診断と合わせた総合診断も」

 
 
 
 

ストレートタイプに似合う靴

  • 靴の製法(グッドイヤーウェルトorマッケイ)はさほど気にする必要はない=どちらも合う
  • 男性はストレートチップ、プレーントゥなどきれいめのものが似合う
  • 男女ともにコインローファーが似合う
  • 女性はプレーンパンプス、プレーンローファーが〇
  • スニーカーは男女ともに装飾の少ないすっきりしたものが似合う。目安は2色以内。ラメやビニール素材のものはストレートタイプにとって軽すぎ、安っぽい印象に見える
  • ムートンブーツを履くとちんちくりんに見えやすい

 
 
コインローファーは、アメリカの学生たちが履いていたローファーのストラップの部分に1セント硬貨を挟んでいたことから、同型のローファーにその名前がついたと言われています。
これがコインローファーです↓

コインローファー一覧はこちら(楽天)
 
 
詳しくはこちら
「骨格ストレートタイプに似合う靴と似合わない靴全まとめ&徹底解説」 
 

ストレートタイプが太るとどうなるか?

次に、ストレートタイプの人が体重が増えた場合どうなるのかをお伝えします。
 
 
これからご紹介するのは、ぽっちゃりモデルとして活躍する一ノ瀬 琴奈さんです。
まず、スタイルを見させていただくためにこちらの写真を引用させていただきます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

一ノ瀬 琴奈(@ichinose_kotona)がシェアした投稿


 
ストレートタイプの方の体重が増えた場合、主に上半身に肉が付きます。
胸にも十分に脂肪が行きます。さらに腕・お腹、背中・腰回り、太ももと、どんどん凹凸が増える方向に変化していきます。「外付き」ということですね。
一方で、ひざ下の肉はほとんど増えていません。これもストレートの特徴です。
 
体重増加が外見に表れにくいウェーブタイプなどとは明らかに肉の付き方が違います。
 
 
 
では、ストレートタイプのぽっちゃりさんはどのような服を着ればいいのでしょうか。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

一ノ瀬 琴奈(@ichinose_kotona)がシェアした投稿


 
正解は、「あくまでジャストサイズ」です。ストレートタイプの基本原則と何ら変わりません。
 
上の琴奈さんもジャストサイズを着て、ウエストマークもしています。
とても似合っていると思います。

それなのに、太ってしまったからといって、ストレートタイプの人が急に体のラインを隠そうとして大きめのサイズを着てしまうと、実際以上に太って見えてしまうのです。
急にリンネルを読みだすのです。
実はそれは良くありません。
 
ぽっちゃりだとしても、ストレートタイプがジャストサイズの服を着るということは大きな説得力を持ちます。
「健康的」「グラマラス」などと、良い方向に解釈してもらえる可能性が高いです。
もし、ファッションに迷っている方がいらっしゃったら、この基本原則を思い出してみてください。
 
 
 

まとめ

ここまで、骨格診断ストレートタイプについて、お伝え出来る限りの情報をすべてお伝えしてきました。
 
ストレートタイプのファッションコーディネートの極意は、
・ジャストサイズを選ぶこと
・高級感があるか。安っぽくなっていないか、常に素材やサイズ感と照らし合わせて確認する
・前後に厚みがあるストレートタイプは、横からのシルエットを確認することも忘れずに
 
といったところです!

新たな気づきなどあれば加筆していきますが、とりあえず今はここまでといたします。
それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。
 

-骨格診断
-

© 2021 Pobby House Powered by AFFINGER5