顔タイプ診断 骨格診断

顔タイプフレッシュ×骨格ストレートに似合う服・髪形・芸能人まで徹底解説

この記事は、顔タイプ診断がフレッシュタイプで、骨格診断がストレートタイプの方に向けて書かれています。
 
ここでは、顔タイプフレッシュ×骨格ストレートに似合う服や似合う髪形・フレッシュストレートの芸能人などの情報をすべて網羅しています。
 
それでは、まずは顔タイプフレッシュと骨格ストレートの基本的な情報から見ていきましょう。
 


 

【はじめに】顔タイプ「フレッシュタイプ」と骨格「ストレートタイプ」の特徴

ここではまず、顔タイプ「フレッシュタイプ」と骨格「ストレートタイプ」の基本的な特徴をお話しさせていただきますが、すでに当サイトでフレッシュタイプやストレートタイプに関する記事を読んでくださった方はすでにご存じの情報だと思います。
ご存じの方はここを飛ばして次の段落から読み始めていただいて大丈夫です!
 
 
 

顔タイプ「フレッシュ」の特徴

出典:ViVi https://www.vivi.tv/shindan-kaotype1-top/

  • 子供顔
  • 直線と曲線のミックス
  • 顔型は丸顔か、横幅のあるベース型
  • 顔のパーツの立体感は平面的な傾向
  • 顔の造形は、曲線的なパーツの中にどこか一部直線か骨っぽさがある
  • 顔の個々のパーツの大きさは、小さめ~普通程度
  • 他人に与える印象:フレッシュ、爽やか、親しみやすい、若々しい、清潔感、かわいい
  • 似合うファッションテイスト:カジュアル、ソフトエレガント、ボーイッシュ、清楚
  • 似合うテイストのファッション雑誌:VERY、LEE、InRed、GLOW、リンネル、Oggi

ファッション誌を探すならこちらの記事もご参照くださいね


  
 
顔タイプ:フレッシュは、以下のイラストの通り、子供顔で直線と曲線がミックスするエリアにいます。

 
年齢を重ねても若々しく、むしろ年齢を重ねるほどに同世代に対してアドバンテージを得られるような「最強の若見えタイプ」であることがフレッシュタイプの強みjです。
  
一方でネガティブ要素としては、童顔であることからおとなしく見られたり、頼りなく見られたりすることも多く、十分な内面的理解が得られていない場合、仕事面で正当な評価をされにくいなどの話をよく聞きます。
  
 
フレッシュタイプについて特化して深堀りした記事がありますので、詳しく知りたい方はこちらも合わせてご覧くださいね
顔タイプ診断「フレッシュ」とは。似合う服・髪形・骨格診断と合わせたコーディネートまで
 
 
 
 

骨格「ストレートタイプ」の特徴


出典:一般社団法人骨格スタイル協会公式サイト「骨格スタイル分析とは」

こちらの画像が、一般社団法人骨格スタイル協会の公式サイトにある骨格3タイプのイメージ画像と基本的な特徴のキャプションです。
各タイプの大まかな違いが分かると思います。
左端がストレートタイプです。 
 
 
 
【ストレートタイプの骨格の特徴】

  • 体全体に立体感があるメリハリボディ
  • どちらかというと上重心
  • 肌に弾力とハリがある人が多い
  • 後頭部に丸みがある(=絶壁ではない)人が多い
  • 首は身長に対して短め
  • 背中側の首の下部分の背骨があまり目立たない
  • 首から肩までの距離も短め(=肩幅が広くない)の傾向
  • 横から見ると肩に厚みがある
  • 鎖骨があまり目立たない
  • 胸からウエストまでの距離が短く、腰の位置が高い
  • 膝の皿(半月板)が小さく目立たない
  • 膝上が太く、膝から下が細い
  • 手の平は身長の割に小さく、厚みがある傾向
  • 横から見て、鎖骨からバストトップまでが直線的につながる傾向
  • 胸に厚みがあり、横から見ると立体的(男性の場合、ハト胸傾向)

 
体に厚みがあり非常にグラマラスで、貧相に見えることがない一方、容易に着太りしたり、少しふっくらしただけで「ずん胴」になったりします。
 
 
参考
骨格「ストレートタイプ」体型に似合う服は?基礎から春夏秋冬別の服まで詳しく
 
 
次に、顔タイプフレッシュ×骨格ストレートの芸能人の方をご紹介します。
 
 
 

顔タイプフレッシュ×骨格ストレートの芸能人

  • 上戸彩
  • 菅野美穂

先に芸能人の方をご紹介しておくと、似合う・似合わないのイメージがつかみやすいと思いますので、顔タイプフレッシュ×骨格ストレートの芸能人の方をご紹介します。
 
現在当サイトで確認できている、知名度の高い顔タイプフレッシュ×骨格ストレートの芸能人は上のお二人です。
 
売れている女優やアイドルには、顔タイプと骨格に法則性があるのでは、と思っていたんですが、意外と皆さんバラバラでした。
Excelで一覧表を作っているんですが、全体的に見るとやはりタイプがうまくばらけています。
 
ただ、顔タイプも骨格タイプも同じ芸能人を見つけてしまえば、その芸能人に似合う服は、同タイプのあなたにも似合う確率が非常に高いです。
2つの診断が一致しているとさらに精度が上がりますからね。
 
 
では、ここからは似合うアイテムについて具体的に見ていきます。
 
 
 
 

顔タイプフレッシュ×骨格ストレート両方に似合う服(最強)


ここでは、これまで紹介してきた顔タイプフレッシュと骨格ストレートの2つの特徴を踏まえて、どちらの観点から見ても似合う最高の服をご紹介します。
  
・シンプルなデザインまたは無地の服
・ジャストサイズ(大きすぎず小さすぎず)

・帽子はメンズライクまたはボーイッシュ
・ストライプ
 
かなり絞り込まれていますが、あくまで「どちらのタイプ的にもベスト」なものを検証したらとこうなったという話ですね。
この後紹介するものも優秀ですよ。
 
 
顔タイプ:フレッシュはゴテゴテと派手なスタイルよりも、若々しさ・瑞々しさを活かしたシンプルなコーディネートがより良く映えます。
 
骨格ストレートは上重心(上半身が大きい)なために、上半身はなるべくゴテゴテしていないシンプルな服で表面積を抑えたい。
これらのことから、シンプルでジャストサイズ(大きすぎず小さすぎず)の服がベストです。
 
 
 

最高に似合う服・具体例


【顔タイプ:フレッシュ×骨格ストレートに最高に似合う服の例】
※すべてジャストサイズで、無地もしくは派手すぎない柄物
 

〇Vネック(骨ストは首が短い傾向なので首元すっきり)
〇テーラードジャケット(骨格がしっかりしているので決まる)
〇シャツ(パリッとした綿100%)
〇ブラウス(とくに、ずん胴になりがちな骨ストには縦の抜けができるボウタイブラウスがベスト)
〇ワンピース(とくにストライプのシャツワンピースがおすすめ
〇チェスターコート(ショートコートよりロングコートの方が得意。顔フレの場合多少カジュアルなデザインでも良い)
〇トレンチコート(顔フレの場合多少カジュアルなデザインでも良い)
〇ブルゾン(薄手のもの。着ぶくれに注意)
〇ワイドパンツ
〇レギュラーフィットデニム

〇キャスケット
〇つばが短めのキャップ
〇ハット(クール過ぎないカジュアルなもの。ストローハットは超似合う)
〇靴はシンプルなスニーカー、パンプス、ポインテッドトゥ

 
 
 
 

顔タイプフレッシュ×骨格ストレート両方に似合わない服(最悪)

顔タイプフレッシュ×骨格ストレートどちらの観点からも似合わない服、つまり最悪のファッションテイストはこちら。 

  • あまりに華美で甘いフリルや、装飾のついたデコラティブなものはフレッシュには似合わない。骨スト的にも上半身の表面積が増えるので着膨れして苦手
  • エレガントすぎる帽子、例えばつば広帽子(女優帽)などは違和感が出る

 
 
 
 

顔タイプフレッシュ×骨格ストレートのどちらかに似合ってどちらかに似合わない服(矛盾)


顔タイプフレッシュ×骨格ストレートのうち、どちらかの診断では「似合う」と言われているのに、どちらかの診断では「似合わない」と言われるような、矛盾したテイストをご紹介します。
注意点も書いてありますので、必ずしも似合わないとは限りませんよ。
 
・顔タイプフレッシュにはスキニーパンツ・ショートパンツが似合うのに、骨ストには似合いにくい。
ただし、似合わない理由は「骨ストの太ももが太い傾向だから」なので、きちんと体作りをしている人は問題ないどころかむしろ最高に似合う。
 
・顔タイプフレッシュには、カジュアルなトートバッグなどが似合うのに対し、骨ストには、冠婚葬祭すべてに持っていけるような「かっちりした」バッグが似合う。ただし、バッグは顔から離れたところで持つことになるので、顔タイプよりも骨格診断を優先した方がよい
 

・フレッシュタイプには細めのボーダーが似合うのに対し、骨ストが細いボーダーを着るとものすごく横に太く見える。
むしろ太いボーダーであれば骨スト的には似合うし、横太りも軽減する。
こちらはフレッシュタイプではありませんが、骨格ストレートタイプの橋本環奈さんです。
左が細ボーダーのふんわりしたコーデ、右が太ボーダーのワンピースです。
右はジャストサイズだということももちろんありますが、太ボーダーの方がいくらか横太りが解消されているのが分かると思います。
 
あるいは、体型に自信がない方はボーダーよりはテッパンのストライプを選んだ方がいいかもしれません。
 
 
 
  
・アウターは、フレッシュタイプにはダッフルコート、ピーコート、Gジャン、またはフード付きのコートなどの若々しいショートコートが似合うのに対し、骨格ストレートにはチェスターやトレンチのようなかっちりしたロングコートが似合う
 
これは、どちらが良いというわけではなく、年齢や体型によって使い分けると良いと思います。
 
上の上戸彩さんの画像も、左が近年のもの、右が若い頃のものです。ボーイッシュが通用する20代まではショートコート、30代からはきちんとしたロングコートという風に使い分けるのも良いと思います。
 
また、年齢に関係なく骨ストがショートコートを着ると上半身が大きくなりすぎることが多いです。よほど体を絞っていて体型に自信がある人以外はロングコートを選んでおけば「事故」には遭いません。
※とくに骨ストにダウンジャケットは厳禁
 
 
 
 

顔タイプフレッシュ×骨格ストレート双方から見て似合う髪形

出典:HOT PEPPER Beauty ROENA(渋谷)

結論から言うと、
【ショート~セミロングのストレートヘア】
 ※パーマするならゆるくかけるか毛先外ハネが〇

 
がベストです。
骨格ストレートタイプはきちんとした髪型が得意。
顔タイプフレッシュ的にはショート~セミロングヘアが良く似合う
ウェーブヘアよりはストレートの方が似合いやすいのは両タイプ共通
パーマが強くなりすぎると違和感が出るのも両タイプ共通。
ゆるいパーマや毛先カールならOKなのも両タイプ共通。

出典:HOT PEPPER Beauty mod's hair(越谷)

 
参考
顔タイプ「フレッシュタイプ」の髪型で一番似合うものは?
 
 
 
 

まとめ

ここまで、顔タイプ:フレッシュ×骨格ストレートについて様々な情報を解説させていただきました。
 
イメコンでがんじがらめになるのも良いことではありませんが、ポジティブに自信を持ってファッションを楽しむためには、診断を武器にするのはとても有効なことだと思います。
 
今後も、本当に役に立つ知識を身に着けられるような記事を書けるように頑張りますのでよろしくお願いいたします。
それでは、お読みいただきありがとうございました!

-顔タイプ診断, 骨格診断
-,

© 2021 Pobby House Powered by AFFINGER5