骨格診断

骨格ストレートタイプの芸能人の水着姿を見てみましょう

芸能人の方の骨格診断をする際に、多くの「自称骨格スタイルアドバイザー」は、服を着た写真を見てどの服が似合うかだけで判断します。
そして間違った内容をネットで書き散らしています(口悪っ)。
 
「石原さとみ 骨格」とGoogle検索すると、「石原さとみさんはウェーブタイプ」だと書いているようなあり得ない間違いをした記事が検索1位にあったこともありました(現在は当サイトの記事が1位になっています)。
この方は、似合う服だけを見て、体そのものは見ていないとはっきり明言していらっしゃいました。
 
骨格診断とは、骨格を見るものです。これが基本ですので、体つきそのものを見ずに判断することはできません。
 
私は、骨格診断をするなら「芸能人の水着姿・芸能人の下着姿・プロレスラー」を見てトレーニングするべきだと思っています。
体そのものから骨格を判断する力がつくためです。

そんなわけで、この記事では骨格診断ストレートタイプの芸能人の方々の水着姿をご紹介し、そのストレートタイプ的特徴を解説します。
 

 

 

【はじめに】骨格ストレートとは?

まずはじめに、骨格ストレートとはどんな特徴を持っているのか、というところを知っておくと、芸能人の方を見て納得できると思いますので、特徴の解説から。
 
※水着を着る上で強みとなる部分は青字弱みとなる部分は赤字にしてあります。
 

【ストレートタイプの骨格の特徴】

  • 体全体に立体感があるメリハリボディ
  • どちらかというと上重心(=上半身が大きい)
  • 肌に弾力とハリがある人が多い
  • 後頭部に丸みがある(=絶壁ではない)人が多い
  • 首は身長に対して短め
  • 背中側の首の下部分の背骨があまり目立たない
  • 首から肩までの距離が短め(=肩幅がさほど広くない)の傾向
  • 横から見ると肩に厚みがある
  • 肩先が丸い
  • 鎖骨があまり目立たない
  • 胸からウエストまでの距離が短く、腰の位置が高い
  • 膝の皿(半月板)が小さく目立たない
  • 太ももが太く、膝から下が細い
  • 手の平は身長の割に小さく、厚みがある傾向
  • 横から見て、鎖骨からバストトップまでが直線的につながる傾向
  • 胸に厚みがあり(骨格が前にせり出しているため)、横から見ると立体的(男性の場合、ハト胸傾向)

 
それでは、ここからはストレートタイプの芸能人の方の水着姿をご紹介していきます。
 
 
 
 

骨格ストレート芸能人の水着姿① 深田恭子

 
30代後半になっても水着写真集を出してくださる美の女神、深田恭子さんも骨格ストレートタイプです。
その衰えないプロポーションは圧倒的です。
 
丸みを帯びた女性的なシルエットに、がっしりとして肉感的な肩回りと胸周りがまさに骨ストそのものです。
 
 
すべての節々が丸みを帯びているのが分かると思います。
 
 
 
一日も早いご快復を願っております。
 
 
 
 


 

骨格ストレート芸能人の水着姿② 石原さとみ

 
石原さとみさんが水着姿になっていたのは、10代のキャリア最初期の頃、つまり、まだ眉毛が太い頃だけです。
 
思えば、石原さんの1st写真集は私も持っていました…。間違いなくダイヤの原石、主人公顔だなと思っていましたが、ここまで日本を代表する女優さんになるとは。
 
 
  
 
 


 

骨格ストレート芸能人の水着姿③ 安達祐実

 
30代後半にして再ブレイクを果たした奇跡の若々しさを持つ安達祐実さんも骨格ストレートです。
 
全体的に肉感的なフォルム、肩先の丸み、腰の丸み、くびれ位置の高さ、骨っぽくない鎖骨など、ストレートタイプであることがよく分かります。
  
 
 
 
ストレートタイプ特有の肉感ですね。
 
 
 
 


 

骨格ストレート芸能人の水着姿④ 武井咲


 
武井咲さんは比較的スレンダーなストレートタイプです。
 
こちらもやはり節々の丸っこいフォルム、太ももの肉感、鎖骨が肉に包まれている感じが骨スト要素です。
ただし、武井さんの上半身はほんの少しウェーブ要素があるかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
現在の武井さんは水着姿を披露することはほとんどありませんが、昔の写真を見るとストレート要素が多く発見できます。
 
 
 
 


 

骨格ストレート芸能人の水着姿⑤ 松本人志

ストレートタイプの代表的な男性芸能人といえば松本人志さんですね。
後ろに海があるので……たぶん水着でしょう……
 
ストレートタイプの男性が筋肉をつけるとどうなるのかがとても分かりやすく理解できるため、ご紹介させていただきます。
 
ストレートタイプは筋肉がつきやすいとされています。鍛えるといわゆる「ゴリマッチョ」になりやすいです。
 
中でもウェイトトレーニングを好む松本さんの上半身の筋肉は不自然なまでに膨張していますね。
自重トレだったらおそらくここまで肥大化しなかったとは思います。
 
一方で、下半身が細いという指摘がよくあります。この松本さんの画像ツイートにも「下半身も鍛えろ」というリプが来ていました。
でもそれは違います。
骨ストは、上下同じように鍛えても、どうしても上半身オバケになってしまうんです。
 


Mr.インクレディブルさん

  
上下同じ分量で鍛えても、上半身が分厚くヒザ下に肉が付きにくいストレートタイプはどうしてもインクレディブってしまいます。
 
  
  
 


 

骨格ストレート芸能人の水着姿⑥ 長澤まさみ

近年は長澤まさみさんの水着姿はほとんど見られませんが、唯一「アンダーアーマー」のCMで水着姿を披露されていました。

 
 
長澤まさみさんは、最初の写真集が水着写真集だったこともあり、かつては水着姿がよく見られました。
 
当時から恵まれたスタイルは変わらず。
 
 
 
 
ここからはサクサクご紹介していきます。  
 
 
 
 


 

骨格ストレート芸能人の水着姿⑦ 米倉涼子

 
40代のファッションアイコンであり、ストレートタイプの代表的芸能人、米倉涼子さんです。
 
 
デビュー当時は女優ではなくモデル・キャンペーンガールとして圧倒的な人気を博していたようですね。
 
 
 
 
ちなみに米倉さんの顔タイプ診断はクールタイプですが、まさに当時から「かわいい」ではなく「美しい」「かっこいい」というイメージですね。
 
 
 
 


 

骨格ストレート芸能人の水着姿⑧ 藤原紀香

 
藤原紀香さんも元々はモデル・キャンペーンガールとしてデビューされましたので、水着画像は多いですね。
 
ちなみに40代に入ってからもブログで水着姿を披露するなどしていましたね。
 
やはり骨ばったところがない、丸く女性的なフォルムと肉感的なスタイルは骨ストの特徴通りです。
 
 
 
 
なにやらバブリーな雰囲気のスタイリング
 
 
 
 


 

骨格ストレート芸能人の水着姿⑨ 上戸彩

 
上戸彩さんもキャリア最初期の頃に水着姿を披露しています。
現在はまったくありません。
 
 
 
やはり骨ストらしい丸みを帯びた女性らしい体型が特徴的です。
 
 
ちなみに、上戸彩さんはネットに出回っているアイコラ画像が多すぎますね。

こちらは、ネットであまりにも多く出回っている水着画像ですが、ニセモノです。
上戸彩さんの顔にMEGUMIさんの体を合成したものだと言われていますが、あまりの出来の良さに、当たり前のように本物として取り上げているブログも多く、余計に誤解が深まっています。
 
 
 
 


 

骨格ストレート芸能人の水着姿⑩ 広瀬すず

 
現代の風潮なのか、20代の生粋の女優さんで水着姿になる方は少ないのですが、広瀬すずさんは水着姿を披露している数少ない一人です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
以上、骨格ストレートの芸能人の水着姿ということでご紹介させていただきました。
丸み、肉感、肩の厚み、太ももの肉づきなど、多くの共通点が発見できたかと思います。
 
他の骨格ストレート関連の記事もご覧いただけると幸いです。
それでは、お読みいただきありがとうございました。
Pobby House 骨格ストレート関連記事一覧

 

-骨格診断
-

© 2021 Pobby House Powered by AFFINGER5