コーディネート知識 骨格診断

骨格診断「ナチュラル」タイプの芸能人まとめ どんなファッションが似合う?

この記事では、骨格診断ナチュラルタイプの芸能人とそのファッションをご紹介します。

当サイトでは、一般社団法人骨格スタイル協会の定める基準に基づいて記事を書かせていただいております。
 
 
骨格診断の見地からいうと、単なるスタイルの良し悪しや、顔がかわいいかかわいくないかで似合う服が決まるというのは完全な間違いです。
服の「似合う/似合わない」は、あなたの骨格によるところが大きいのです。
 
 
また、「自分が着たい服」と、「自分に似合う服」は、必ずしも同じではありませんよね。
それでも、骨格によって自分に似合う服が何なのかを知っておくことは重要です。それを知って初めて、自分が着たい服とのバランスを取ることもできるからです。
 

ここでは、最も分かりやすい身近な例として、ナチュラルタイプの芸能人をご紹介し、次に、その芸能人の実際のファッションを例に「ナチュラルタイプの人に似合う服・似合わない服」を実際に画像で検証していきたいと思います。

ナチュラルタイプの方には参考になる内容が盛りだくさんです!

この記事を書いたのは、典型的なストレートタイプ(ただし頭は絶壁)のPobbyHouse管理人ヤヤです()。




【はじめに】ナチュラルタイプの特徴

ここではまず、ナチュラルタイプの人の外見的特徴を先にお伝えします。
その方が、後ほどご紹介するナチュラルタイプの芸能人の方を見たときに納得できる部分が多いいと思います。

【ナチュラルタイプの外見的特徴】

  • ナチュラルタイプの核となるイメージは「フレーム」「骨」「筋」。しっかりした体つきの人が多い
  • 筋肉や脂肪のイメージがあまりない
  • 骨ばっていて、関節部の骨が目立つ傾向
  • 全体的に、体の節々が丸というよりは四角っぽい
  • 横から見たアゴのラインがしっかり出ている
  • 首の長さには個人差があるが、筋ばっている傾向
  • 鎖骨の骨が太くて大きい傾向
  • 肩甲骨が大きくて立体的。3つの骨格タイプの中で最も肩甲骨が目立つ
  • 肩が四角っぽく、逆三角形の体型に見えやすい
  • 胸には厚みがあるが、筋肉質な厚みではない
  • 胸部を横から見ると、鎖骨からバストトップまでが直線的につながっている人が多い
  • ウエスト位置はやや高め
  • ひざの皿(半月板)が大きい傾向
  • ひざ下はすねの骨が太い
  • 手の平は大きく、手の関節部分の骨が目立つ
  • 腰骨がしっかりしている
  • ヒップは平面的な傾向。ただし骨盤に厚みがあるのでヒップが薄いとは限らない
  • 肌質はマット(やや乾いていて硬め)な人が多い

※これはあくまで大まかな特徴です。他のタイプと比べて一番当てはまる部分が多いのがあなたのタイプということになります。 各タイプの診断オプションもいずれ作ろうと思っています。

ナチュラルタイプの核となるイメージは「しっかしした骨格」「スタイリッシュ」です。

ナチュラルタイプの芸能人の方を見ると、しっかりした体格でスタイリッシュな人が多く、貧相なイメージは決して湧きません(もちろん、芸能人は体型を維持する努力をしているということもありますが)。

ナチュラルタイプも、ウェーブタイプと並んで「女性に好かれる女性」が多い印象です。

【ナチュラルタイプに似合うファッション】

  • もともと骨格がしっかりしていて、スタイリッシュなボディラインを持っているため、ワイルドなコーディネートにも印象負けしにくい
  • 重厚感のある雰囲気がよく似合う。重く見えれば見えるほど高級感が増す
  • 体に密着したトップスは「骨格」を強調しすぎる一方、ゆったりとしたトップスは着ても着ぶくれせず決まる。オーバーサイズがよく似合うタイプ
  • ボーイフレンドデニム(レギュラーフィット)が最もよく似合うタイプ
  • 丸首、ボートネック、タートルネックが似合う
  • ドルマンスリーブ、ベルスリーブが似合う
  • ひざ下丈、ミモレ丈、マキシ丈スカートがよく似合う
  • アウターは、トレンチコートやチェスターコートのように丈の長いものがよく映える
  • ラフで無造作な髪型が似合う。ウェーブは鉄板

 
 
【ナチュラルタイプに似合わないファッション】

  • 体にぴったりサイズのシャツなどは、骨っぽさが出てしまい、貧相に見える可能性がある
  • 上と同じ理由で、スキニーパンツも貧相に見えてしまう可能性がある
  • 鎖骨が特に目立って見える人は、Vネックやオフショルダーなどの首元が大きく開いたトップスを着ると、鎖骨が悪目立ちして貧相に見えてしまう可能性がある(バストなどとの兼ね合いも含め個人差あり)
  • フレンチスリーブ、パフスリーブは肩がゴツく見えてしまう場合がある
  • ショートパンツは骨ばった足を強調し、貧相に見えてしまう可能性がある(鍛え方や脂肪の付き具合による)
  • もも丈スカート(=ミニ)、ひざ上丈スカートは、骨ばって貧相に見える可能性がある(同じく、鍛え方や脂肪の付き具合による)
  • シフォンスカートなどの柔らかすぎる素材は、むしろたくましさを強調してしまう可能性がある

ナチュラルタイプのファッションの鉄則は、「肌への服の密着をなるべく避けること」。
そう聞くと着ぶくれが不安かもしれませんが、それでも太く見えずに決まってしまうのがナチュラルタイプの強みです。
 
 
もちろん、骨っぽさ、頑強さを出していきたい男性などは隠す必要はありません。屈強さを見せていく場合は、ピタサイズを着た場合貧相に見えないかどうかに注意しましょう。
 
 
ちなみに、ナチュラルタイプは「ボーイフレンドデニム」が全タイプの中で最も似合うタイプです。
ボーイフレンドデニムとは、「彼氏から借りたようなゆったりシルエットのデニム」のことです。
スリムフィットよりも多少ゆったりしたフィット感と考えるとよいでしょう。
 
ナチュラルタイプはスキニーはあまり得意ではありませんが、ボーイフレンドデニムくらいのフィット感のアイテムは驚くほどよく似合います。
特に足首が見えるくらいロールアップして履くと最高です。
ボーイフレンドデニム一覧

 
 
【ナチュラルタイプに似合う生地素材】

名前の通り、ラフでナチュラルな素材が似合います。

  • コットン(綿)
  • ウール
  • デニム
  • コーデュロイ
  • レザー
  • ツイード

ラフな素材が似合うナチュラルタイプは、ダメージジーンズが最も似合うタイプでもあります。

 
 
 
【ナチュラルタイプに似合わない生地素材】

軽い素材は、骨太の骨格に負けてしまい、チープな印象になってしまう可能性がある。
同様に、人工的な光沢のある素材も苦手。

  • シルク
  • サテン
  • 透けるタイプのシフォンやレース
  • エナメル
  • ナイロン
  • 軽い質感のポリエステル(重厚感がるものはOK)

 
 
 
【ナチュラルタイプに似合う柄】

カジュアルな柄やエキゾチックな柄がよく似合います。
ただし、色のコントラストが強すぎないナチュラルなものが〇。

  • アシンメトリーな柄
  • 不規則なパターンの柄(←大小入り混じった水玉模様など)
  • チェック
  • ストライプ
  • ボーダー
  • ペイズリー
  • ボタニカル
  • 迷彩
  • アニマル柄

大胆な柄やワイルドな柄物も似合うことが分かると思います。
一方で、細かいチェック、細かいストライプ、細かい花柄や小さな水玉といった小柄物は苦手な傾向にあるので注意です。
 
 
 
ここまで、ナチュラルタイプの特徴の概要をお話ししました。 では、ここからは芸能人の体型とファッションを実際に見て、「似合う・似合わない」を実感していきましょう。

骨格ナチュラルタイプの芸能人① 【天海祐希】

ナチュラルタイプで最も有名なのが天海祐希さんです。
ナチュラルタイプを説明するときに、天海さんを例にするととても説明しやすい、というくらい王道のナチュラルタイプです。

上の写真の手を見てください。
脂肪でも筋肉でもなく、「骨」が一番印象に残るはずです。これがナチュラルタイプの最大の特徴です。


こちらの写真でも、
・首が筋ばっている
・鎖骨が浮き出ている
・肩が比較的四角ばっている
・肘、手首も骨ばっている
といったナチュラルタイプの特徴が見られると思います。


こちらの写真は、
・逆三角形の体型
・腰骨の張り出し
が確認できると思います。
それにしても、圧倒的に細く美しい。

天海祐希さんの、ナチュラルタイプを活かしたファッション

 
まずはこちら。シンプルなコーデですが、その分骨格にしっかり合ったアイテムが選ばれています。
トップスはゆったりめのノーカラーシャツ、ボトムスはレギュラーフィットのパンツという、きれいめながらサイズにゆとりを持たせた服選びが光っています。ナチュラルタイプはサイズに多少ゆとりを持たせると決まるのはこれまで述べてきた通り。
 
さらに特筆すべきなのはネックレスです。実は、ナチュラルタイプには長めのネックレスが似合います。この写真で天海さんは、マチネサイズとロープサイズのネックレスを重ね掛けしていますね。
 
 
  
こちらは完全な私服です。舞台後、劇場から出ていくところを出待ちに遭ったシーンです。
 
さて、トップスは7分袖ですが、ナチュラルタイプには7分袖は似合わないと言われています。
理由は「貧相に見えるから」。
骨ばった手と腕が強調されてしまうからだそうです。
 
 
しかし、この写真を見る限り、まったく貧相には見えませんよね。天海さんほど大女優なら手先指先までケアが行き届いているでしょうから、対策済みなのでしょう。それに、すべてのナチュラルタイプの手が貧相なわけではありません。大きく個人差があります(後頭部まん丸なはずのストレートタイプの私が絶壁であるようにね!白目)。

とはいえ、一般的なナチュラルタイプの方が7分袖を着る際は、手先が貧相に見えないかチェックしてみることは必要でしょう。
 
 
ちなみに、女優の私服がダサいダサいと書き立てる週刊誌、お前らに言いたいことがある。
女優さんが完全プライぺートで外出するときは、本当に目立ちたくないときなんや。それでもオーラが強すぎてちょっときれいな服を着ただけで目立ってまうんや。せやからいわゆる「一番アカン服」を着て出かけてるんや。
その証拠に、劇場から帰るときとか、ドラマの打ち上げの私服見てみ?めちゃめちゃおしゃれやろうが。それをな、お忍びの場面を切り取って「ダサいダサい」いうんは卑怯やと思うで、ワシは。
 
 
 
 
シンプルで素朴、飾らないファッションでもキマってしまうのがナチュラルタイプの強みです。
 
ちなみに、ナチュラルタイプの女性がこういう肩にフィットしたワンピースを着ると、肩のゴツさが目立ってしまう可能性があります。
この写真で肩のゴツさが目立っていないのは、天海さんがロングヘアだからです。
肩にかかるロングヘアは視線を分散させてくれます。これがショートヘアだったら、肩のたくましさがダイレクトに強調されてしまうはずです。
 
 
もう一つ、ひざ下丈のスカート(ワンピース)は、すべての骨格タイプに似合う万能アイテムです。一着持っておくと便利です。
ひざ下丈スカートの名品はこちら
 
 
 

骨格ナチュラルタイプの芸能人② 【綾瀬はるか】

 
綾瀬はるかさんも代表的なナチュラルタイプの一人です。
 
 
こちらの写真を見ると、
・大きく浮き上がった鎖骨
・肩が四角く、割と肩幅が広い
・上重心
・ウエスト位置が高い
といったことが分かると思います。
 
さらに、
こちらの写真では半月板がしっかりしているのが分かると思います。
例えばストレートタイプなら、半月板はここまで目立ちません。
 
 

綾瀬はるかさんの、ナチュラルタイプを活かしたファッション

 
写真はファッション誌「リンネル」掲載時のもの。
綾瀬さんはリンネルにかなり多く登場していますし、私服もリンネル系を思わせるものが多いです。
 
実際、ゆったりサイズが映えるナチュラルタイプには、リンネル系のコーディネートはとてもよく似合います。
 
ちなみに、某女性掲示板にこんな無慈悲な意見がありました。
「リンネル系のダボダボ着る人って冴えないちんちくりんな地味で小太りな感じの人が多いイメージ。体型隠そうとするからだろうけど。」
 
私の知り合いのあるリンネル女子(ごめんねS!)もまさにこれに100%当てはまるので、思わず唸ってしまいました。さすが女性の意見は鋭い。
ちなみにそのリンネル女子は、典型的なストレートタイプです。
ただでさえ着ぶくれしやすいストレートタイプで、しかもぽっちゃりさんがリンネルのようなゆったりした服を着るというのは最悪です。二重苦です。
※ストレートタイプに似合う服はこちらをご参照ください


 
一方、ナチュラルタイプの女性には、痩せていても多少ぽっちゃりであっても、ゆったりしたリンネル系は骨格的にとてもよく似合います。
 
 
 

こちらは、ファッションにも注目が集まった綾瀬はるかさん主演のドラマ「奥様は、取り扱い注意」から。
 
本作の綾瀬さんは、セレブ妻の役どころということもあり、冒険的なファッションではなく、上品でトラッドな着こなしが特徴ですので、普段着に参考になりそうなコーディネートが多く見つかると思います。
 
上の写真では、ツイードのジャケットがとても映えています。
ナチュラルタイプには、ツイードが似合います。重く厚い生地を映えさせる肌質と骨格をしているためです。
 
ちなみにその他のテクニック。
トップスのオレンジデニムのくすんだ青は「対象色相配色」になっています。
正反対の色ということです。対象色相配色は、人の目に最も鮮やかに訴えかける色使いです。その代わり、「どぎつく見えてしまいがち」という危険性もあります。
そこで考えるべきなのが「彩度」です。原色のようにどぎつい色同士を合わせるのではなく、上のコーディネートのようにくすんだ色だったり明度の高い(=白っぽい)色を選んだりすることでうまくバランスが取れ、おしゃれな印象も残すことができて良いとこ取りできます。
 
 
 


 
こちらも「奥様は、取り扱い注意」より。
綾瀬さんはロングコートにシャツ、ニットベストにロールアップしたデニムを履いています。
 
普通なら重いかな、と思えるくらいのコーディネートでも高級感に転換してくれるのがナチュラルタイプの強みです。
ごわっとしたロングコートも着ぶくれせず似合っています。
  
 
 

骨格ナチュラルタイプの芸能人③ 【阿部寛】

 
男性の代表的なナチュラルタイプが阿部寛さんです。
一目見ただけでも「骨格がしっかりしてるな」と分かると思います。
  
 
 
こちらは映画「テルマエ・ロマエ」の1シーン。
もしストレートタイプの男性がここまで鍛えたら、もっとポパイのような上半身オバケになりますし、ウェーブタイプだったらもっと細マッチョになります。
阿部さんの場合は肩の骨格を軸にした奇麗な逆三角体型です。ナチュラルタイプの特徴を最も多く持っています。
 
 
 

阿部寛さんの、ナチュラルタイプを活かしたファッション

 
上の2ショットは、2017年の映画「恋妻家宮本」撮影インタビュー時のもの。
天海祐希さんと阿部寛さん、ナチュラルタイプのトップの2ショットです。
 
お二人ともかなりゆったりした着方をしているにも関わらず、まったく着ぶくれしていないどころか、細ささえ感じさせる佇まい。
このずるさがナチュラルタイプの強(しつこい)…
  
阿部寛さんは、世代のせいもあってか、まったくと言っていいほどスキニーを履くことがなく、レギュラーフィットのパンツがほとんどです。
しかしそれは正解です。
 
ストレートタイプに負けず劣らず重心が上にあるナチュラルタイプは、ボトムスを細くしてしまうとトップスのバランス調整が非常に難しくなります。
ボトムスを太くするのはナチュラルタイプの基本戦略と言えます。
 
 
 
では、ここまでいろいろとナチュラルタイプについて語りながら紹介したため長くなってしまいましたので、ここからは一言コメントとともにさくさくとご紹介していきたいと思います。
 

骨格ナチュラルタイプの芸能人④ 【深津絵里】


 
深津絵里さんもナチュラルタイプに属します。
年齢を重ねるほど美しさを増すお方ですね。
特徴としては、
・鎖骨から肩にかけての骨感
・アゴのラインがしっかり出ている
・逆三角体型
・高いウエスト位置
 
深津さんといえば、髪をすべて後ろでまとめて、おでこと顔の輪郭をすべて出しても、それでも美しいのが特徴ですよね。
丸みを帯びた額など、顔と頭の骨格が奇麗な人じゃないとここまで映えません。
 
 
 

骨格ナチュラルタイプの芸能人⑤ 【杏】

 
杏さんもナチュラルタイプに属します。
渡辺謙さんの娘さんの杏さんです。今や、「杏」と画像検索すると世界のHIGASHIDEばかりが表示されるあの杏さんです。
 
杏さんは、元パリコレモデルということもあり、本当に自分自身を輝かせるコーディネートが分かっている方です。
 
 
 
こちらは、ファッションも話題になった2019年のドラマ「偽装不倫」でのコーディネート。
偽装だったらどんなによかったか…
 
ナチュラルタイプによく似合うマキシ丈のワンピースと、ゆったりしたカーディガンのコーディネートです。
かわいい。
 
 
 
 
こちらは完全私服です。 
ゆったりしたパーカーでありながら、高貴な色の組み合わせの一つである「青×白」コーディネートで、不思議と公の場でもだらしなさを感じないという見事な選択。
ジャストサイズよりわずかに大きめのサイズを選んでいるのもナチュラルタイプ的にはハイレベル。
パーカーはパーカーはアダムエロぺのものです。
ADAM ET ROPE 【ご当地土産】札幌パーカー
 
 
 

骨格ナチュラルタイプの芸能人⑥ 【江口洋介】


 
江口洋介さんもナチュラルタイプに属します。
 
 
 
こちらは完全プライベートの江口洋介・森高千里夫妻です。
日本人男性が着ると、ともすれば滑稽に見えてしまう場合もあるレザージャケットがここまで似合ってしまうのは、ナチュラルタイプの奇麗な逆三角体型が一因でもあります。単に「江口洋介だから」というだけではありません。
これをストレートタイプの中年小太り男性が着ると北斗のザコのように見えてしまうでしょう。
 
それにしても、森高千里さんがかわいい。アラフィフですよ!
レザーのリンクコーデがとても微笑ましいです。理想の夫婦ですね。
 
 
 

骨格ナチュラルタイプの芸能人⑦ 【中谷美紀】


 
中谷美紀さんもナチュラルタイプです。
歳を重ねるほどに美しさを増しています。
 
鎖骨と肩の骨っぽさ、アゴのエラ部分のラインがはっきりしていること、逆三角体型、バストトップの位置が高いことなどがナチュラル的特徴です。
 
 
 
 
上の写真は、すべての骨格に似合う万能丈「ひざ下丈」のワンピースです。
なぜこれを取り上げたかというと、「ナチュラルタイプはノースリーブが苦手」と言われているからです。
 
ノースリーブは、オフショルダーなんかよりもむしろ広い肩を強調してしまう恐れがあることが理由です。
ただし、「肩部分のストラップが太いものはOK」と言われています。
肩の露出が減ることで、その分肩のたくましさに目がいかなくなるためです。
上の写真の袖口は、肩がけっこう隠れるくらい布面積がありますよね。
結果、何の違和感もなくなっています。
 
 
 
 
こちらは大人のアウトドアスタイル。
〇トップスはナチュラルタイプにぴったりのゆったりフィット
〇デニムはロールアップしてすっきり、かつ裾が太くなっているのでひざ下の貧相さを緩和
 
シンプルでかわいいコーディネートです。
 
 
一方で、こちらのコーディネートをご覧ください。
ちょっと違和感ありませんか?
なんかこう、光沢がしっくりきてないというか。
色味はいいんですよ。素材感の問題です。
奇麗ですよ。でもベストではないな、と思えます。
 
ナチュラルタイプには、革や麻などの天然素材が非常に映える一方、人工的な光沢が合ず、チープに見えやすいとされています。
 
もっともこれは中谷さんのせいではなく、編集のフォトショの問題ですが。
 
 
 

骨格ナチュラルタイプの芸能人⑧ 【梨花】

 
梨花さんが骨っぽいと連想する方は多いのではないでしょうか。
昔は某バラエティで「ガイコツいじり」されていたこともありましたね。
 
それでもファッションモデルとしてのスタイルとコーディネートセンスは本物です。
フランス人のクォーターでもあります。
 
 
 
 

骨格ナチュラルタイプの芸能人⑨ 【道端ジェシカ】


女性から絶大な支持を受ける道端ジェシカさんもナチュラルタイプです。
ウエストの位置が高く、骨ばっていて逆三角体型。
 
 
ジェシカさんは、私の知る限り、ナチュラルタイプで最もスキニーパンツを履いている人ではないかと思います。
私服はほぼスキニー。
 
ナチュラルにはスキニーが似合わないとされてはいますが、ジェシカさんには似合っていますね。
なぜでしょうか。

例えば、梨花さんも非常にスキニーを多用する人です。
梨花さんは、ボトムスがスキニーなら、トップスはボリュームを出すなどの工夫をしてバランスを取っています(もっとも現代では、女性の足は細ければ細いほど良いとなってしまっていますから、「貧相」という印象を持たれることはそうそうないと思いますが)。
 
 
ところが、ジェシカさんはスキニーを履いても、トップスもシンプルです。
なぜこれでキマってしまうのか。答えはこれです。
 
 
シンプルに足が長げぇ。
 
 
しかもある程度肉がついていてガリガリではない。
出ましたねぇ、無慈悲な咆哮が。これが世の条理ってわけですかい……
脚の長さと肉付きでバランス取っちゃってるということです。
 
これを真似できる人もいるし、できない人もいるのでしょうが、まずは自分を知り、そしてマネしたい相手を知ることからすべては始まります。
 
 
 

骨格ナチュラルタイプの芸能人⑩ 【長谷川潤】


ロダンですか?
長谷川潤さんもナチュラルタイプです。
骨ばった骨格、逆三角……ここまで読んでくださった読者様にはもう説明は不要ですね。
 
 

 
長谷川潤さんは非常に細く長い足の持ち主です。
本業がモデルであるため、やはり細い足を見せつけるかのようにスキニーをよく履きます。
上のようなレギュラーフィットのパンツは珍しいです。
 
ちなみに、ナチュラルタイプはすべての骨格タイプの中で一番ダメージジーンズが似合います。
 
 
 
こちらも、ナチュラルタイプには合わないとされているショートパンツ。
これが「美脚!」と映るか「ちょっとガリガリすぎない?」と映るかはもう個人の好みのレベルになるでしょう。
長谷川さんはトッププロのモデルさんですから、完璧な体作りをしておられますが、一般的なナチュラルタイプの場合、ショートパンツを履いて貧相にならないかチェックしてみるのがよいでしょう。
  
 
 
 
 
ここまで、骨格診断ナチュラルタイプに属する芸能人とそのファッションの解説を書かせていただきました。
 
ナチュラルタイプには他に本田翼さん、大泉洋さん、オダギリジョーさん、織田裕二さんなどがいます。
(本田翼さんはさすがに追記せなあかんやろ…)
 
ナチュラルタイプの方は、これらの芸能人の方々に似合うファッションがそのまま似合う可能性がとても高いです。ぜひ参考にしてみてくださいね。
 
それでは、お読みいただきありがとうございました。
ストレート/ウェーブタイプの芸能人については以下の記事をご覧ください


-コーディネート知識, 骨格診断
-

© 2021 Pobby House Powered by AFFINGER5