骨格診断

骨格ストレートタイプに似合う靴と似合わない靴全まとめ&徹底解説

この記事では、  骨格診断「ストレートタイプ」に似合う靴と似合わないNG靴を、その理由も合わせてご紹介します。 
 
  
それではまずは基本的なところからお話しさせていただきます。
 

 

 

【はじめに】骨格ストレートとは?

まずはじめに、骨格ストレートとはどんな特徴を持っているのか、というところを知っておくと、後程ご紹介する「似合う靴」がなぜ似合うのか、すんなり理解できると思います。
 
当サイトで骨格ストレートの記事を読んでくださった方はすでにご存じの内容かと思いますので、ここは読み飛ばしていただいても大丈夫です。
 
強みになりやすい部分は青文字弱みになりやすい部分は赤文字で記載しています。
 

【ストレートタイプの骨格の特徴】

  • 体全体に立体感があるメリハリボディ
  • どちらかというと上重心
  • 肌に弾力とハリがある人が多い
  • 後頭部に丸みがある(=絶壁ではない)人が多い
  • 首は身長に対して短め
  • 背中側の首の下部分の背骨があまり目立たない
  • 首から肩までの距離が短め(=肩幅がさほど広くない)の傾向
  • 横から見ると肩に厚みがある
  • 肩先が丸い
  • 鎖骨があまり目立たない
  • 胸からウエストまでの距離が短く、腰の位置が高い
  • 膝の皿(半月板)が小さく目立たない
  • 太ももが太めで、膝から下が細い傾向
  • 手の平は身長の割に小さく、厚みがある傾向
  • 横から見て、鎖骨からバストトップまでが直線的につながる傾向
  • 胸に厚みがあり(骨格が前にせり出しているため)、横から見ると立体的(男性の場合、ハト胸傾向)

  
 以上が骨格ストレートの基本的な外見的特徴です。
 
靴選びでとくにキーになるのはストレートタイプ特有の「上重心」です。
ここからは、一つ一つのアイテムを見ながら解説していきたいと思います。
 
 
 
 

骨格ストレートに似合う靴① 【ローヒール / ミドルヒールパンプス】

 
骨格ストレートタイプに似合うパンプスの種類は、
・なるべくリボンなどの装飾がついていないシンプルなもの
・ローヒールまたはミドルヒールが良い。ピンヒールは人を選ぶ
・革のようなハリ感のある素材が良い

 
といったところです。
 
 
よく「ストレートタイプにはシンプルなものが似合う」といわれます。
その理由としては、ストレートタイプがグラマラスで、骨格自体が一つの武器なので余計な飾りは必要ない、などと説明されます。
 
これをもっとはっきり言うと、「それ以上ゴテゴテ付けると濃すぎますよ、見てる方はお腹いっぱいですよ」ということなんです。
似合うを通り越して面白くなってしまうというか。
 
 
「ピンヒールよりはローヒール・ミドルヒールが良い」という理由は、ストレートタイプの重心にあります。
 
通常、ストレートタイプは上重心(=上半身でかい)です。
しかも、身長の割に手と足のサイズが小さい傾向にあります。
ですから、足が小さく見えるとなおさら「上半身でかい、下半身小さい」となってしまいます。

そのため、ストレートタイプは「基本的に靴は大きく見えるデザインのものを履くとバランスが取れる」と言われています。
 
※もちろん、ストレートタイプであっても足が小さくない人もいますので、そうした方は大きめのデザインを意識する必要はありません。
 
そうした超上重心のストレートタイプが高いヒールの靴を履いてしまうとなんだか倒れそうな、不安定な感じに見えるということになりかねません。
つまり…極端にいうとこういう感じでしょうか。
 
 
ですから、比較的、地に足のついたローヒールやミドルヒールが良いとされます。
 
ただし、しっかりと体作りをして、とくに上半身を絞っている骨格ストレートの方ならハイヒールを履いても何ら問題はありません。
 
例えばストレートタイプの米倉涼子さんなどは、ヒールといえばむしろハイヒールしか履いているのを見たことがないほどです。
このように、上半身を絞れば絞るほど上下のバランスの差はなくなり、結果、高いヒールでもしっくりハマるようになります。
 
 
 
 

骨格ストレートに似合う靴② 【シンプルなローファー】

 
こちらもまさに上で話したローヒールが似合う理由とまったく同じ条件を満たしているので、やはり似合います。
 
・余計な飾りがなくてシンプルなのにおしゃれで
・ピタっと地に足がついていて
・しっかりした靴なので重心を下に持ってこれて
・かっちりしたデザインでしかも革なのでストレートタイプにぴったり
 
ストレートタイプはハリのある肌質をしています。そのため、同じくハリのある素材、例えば革や綿100%などの素材がよく映えます。
 
 
 
 

骨格ストレートに似合う靴③ 【シンプルデザインのスニーカー】


コンバース ALLSTAR キャンパススニーカー
 
骨格ストレートに似合うスニーカーの選び方は、やはりシンプルですっきりしたものを選ぶということに尽きます。
色味は2色程度のものにするとすんなりキマります。
 
骨格ストレートはラメやビニールなどの光沢のある素材はチープな印象になってしまう可能性が高いです。
 
 
 
 

骨格ストレートに似合う靴⑤ 【ショートブーツ】

La cerise レディース編み上げショートブーツ
 
ショートブーツが似合う理由も、ここまで読んでくださった方ならもうお分かりのはず。
ブーツなら重心を下に持ってこれるということですね。
 
では、なぜショートブーツなのか、お分かりになりますでしょうか?
 
 
骨格ストレートは、ヒザ上が太くヒザ下が細い傾向にあります。
 
ですから、標準的な体型のストレートタイプの方の場合、ヒザまであるようなロングブーツを履くと、細いヒザ下が全部隠れて、太い太ももだけが全部見えるということになります。
 
一方ショートブーツなら、細いヒザ下を出してすっきり見せることができます。
 
 
ここまで、骨格ストレートタイプに似合う靴をご紹介させていただきました。
ここからは、ストレートタイプに似合わない靴をご紹介いたします。
 
 

骨格ストレートに似合わない靴① 【バレエシューズ】


 
これまで解説してきた通り、ストレートタイプは基本的には「上半身が大きいため、下半身(と足のサイズ)が小さく見えてしまう=上重心」という法則があります。
 
では、バレエシューズはどういう靴かというと、足と同じサイズかっていうくらい薄くて軽くて小さい靴です。
つまり、靴にまったく重さがないので、上重心が加速するということですね。
 
これも、足が大きいとか上半身を絞っているとかで、上重心の問題をある程度克服している方は気にせず履いて大丈夫です。
 
 
 
 

骨格ストレートに似合わない靴② 【ロングブーツ / ニーハイブーツ】

 
いやー、さっきショートブーツの項で全部説明してしまったんですよ…

読み飛ばした方がいるかもしれないので、初めて言う感じのテンションでもう一度言わせていただきます
 
骨格ストレートタイプが、ヒザまであるようなロングブーツを履くと、細いヒザ下が全部隠れて、太い太ももだけが全部見えるという完敗試合になる
ために、似合わない傾向にあります。
 (ホントにもう一度言っただけやんけ)
 
 
こちらも、足をきちんとシェイプアップしている方はスルーしていただいて大丈夫です。
 
 
 
 

骨格ストレートに似合わない靴③ 【ムートンブーツ】

出典:https://wear.jp/ruuuuui118/18541773/

  
肉感的な骨格ストレートタイプは、標準体型であってもくびれが出にくく、ずんぐりしやすいという特徴があります。
そのストレートタイプがムートンブーツを履くと、その「ずんぐり感」や「もさい感じ」が強調されてしまいます。
 
雪国の小学生感が出てしまうということですね。
 
これが例えば骨格ウェーブタイプであれば、華奢な足と大きなモコモコブーツのコントラストで本当によく似合います。
  
 
 
 

まとめ

ここまで、骨格ストレートタイプに似合う靴、似合わない靴の種類を解説してきました。
 
ストレートタイプの靴選びのポイントをまとめると次の通りです。

  • とにかくシンプルですっきりした上質なものを選ぶ
  • 上下の重心のバランスを取ることを考える
  • 基本的に靴は大きく見えるデザインのものを履くと上下のバランスが取れる
  • 骨ストに靴が似合わない際の原因はほぼ「上半身の大きさ」と「太ももの太さ」
  • これらはトレーニングによってある程度解消でき、シェイプアップされた後はより多くの種類の靴が似合うようになる

 
以上となります。
よろしければ他の骨格診断や顔タイプ診断の記事もお読みいただけると嬉しいです。
それでは、ありがとうございました!

 

-骨格診断
-

© 2021 Pobby House Powered by AFFINGER5