骨格診断

骨格ストレートタイプに似合わない服全まとめ&似合わせる方法徹底解説

この記事では、骨格診断「ストレートタイプ」に似合わない服について、似合わない理由・似合わせる方法を解説しております。
 
好きな服をただ着ることが大事という考えもありますが、自分に似合う服と似合わない服を知って初めて、好きな服を似合うようにアレンジすることができます。
 
まずは骨格ストレートタイプの特徴からお話しさせていただきます。
   




 
 

【はじめに】 骨格ストレートタイプの外見的特徴

 
まずは、骨格ストレートタイプの基本的な情報をお伝えします。
そのうえで個々の似合わない服を見ていけばよりすんなり理解できます。
 
※すでにこのサイトでストレートタイプの記事を読んでくださっている方はご存じの内容だと思いますので、この段落は飛ばしていただいても大丈夫です!
 
 

【ストレートタイプの骨格の特徴】

  • 体全体に立体感があるメリハリボディ
  • どちらかというと上重心
  • 肌に弾力とハリがある人が多い
  • 後頭部に丸みがある(=絶壁ではない)人が多い
  • 首は身長に対して短め
  • 背中側の首の下部分の背骨があまり目立たない
  • 首から肩までの距離も短め(=肩幅が広くない)の傾向
  • 横から見ると肩に厚みがある
  • 鎖骨があまり目立たない
  • 胸からウエストまでの距離が短く、腰の位置が高い
  • 膝の皿(半月板)が小さく目立たない
  • 膝上が太く、膝から下が細い
  • 手の平は身長の割に小さく、厚みがある傾向
  • 横から見て、鎖骨からバストトップまでが直線的につながる傾向
  • 胸に厚みがあり、横から見ると立体的(男性の場合、ハト胸傾向)

 
ストレートタイプには、メリハリのあるゴージャスボディの人が多い印象です。
いわゆる巨乳グラビアアイドルにストレートタイプの割合が多いのは、胸に肉がつきやすい骨格であるためです。
 
 
  
【ストレートタイプに似合うファッション】

  • もともと立体的でグラマラスなため、飾り立てる必要性があまりない。骨格自体が一つの武器。
  • そのためシンプルで上質なファッションが似合う
  • ジャストサイズが似合う
  • 首が短めで首元が詰まった印象になりがちなため、Vネック等、胸元が縦に開いた服を着るとスッキリする
  • 丸首、Vネック、Uネック、スクエアネック、ボートネックは普通に似合う

 
 

【ストレートタイプに似合わないファッション】

  • 体型が立体的なため着ぶくれしやすい。ボリューム感が出る服に注意
  • 小さめのサイズの服を着るとムチムチ感が出すぎる
  • スキニーパンツはムチムチして見えがちな傾向
  • もともと上重心の傾向が強い(=上半身が大きい)ので、上半身がゴテゴテと装飾的になると、バランスが崩れる。

 
 
 

【ストレートタイプに似合う生地素材】
ハリのある上品なもの

  • 綿
  • ウール
  • サテン
  • デニム
  • コーデュロイ
  • レザー

 
 
 
【ストレートタイプに似合わない生地素材】
着ぶくれして見えやすいもの
※あくまで傾向です。体を絞っている人などは例外もあります。

  • ベロア
  • シフォン
  • ナイロン
  • モヘア
  • エナメル

 
 
 
【ストレートタイプに似合う柄】

メリハリの効いた大きくはっきりとした柄、色のコントラストが効いたものも似合いやすい

  • ストライプ
  • ドット
  • 花柄
  • チェック
  • ボーダー
  • ボタニカル

 
ここまでが、骨格ストレートタイプの基本的な特徴です。
ここからは一つ一つのアイテムを見ていきましょう。
 
 
 
 

骨格ストレートタイプに似合わない服①【スキニーパンツ / ストレッチスキニー】


 
最初に言っておきますと、きちんと体づくりをしている方なら、骨ストであってもスキニーパンツは似合います
例えば、石原さとみさん(ストレートタイプ)にはスキニーパンツが似合います。これは、ストレートタイプの限界を超えたシェイプアップをしているためです。
 
ただし、標準体形~ぽっちゃり以上の体型の方であれば「似合う」とはとても言えません。
 
ストレートタイプにスキニーパンツが似合いにくい理由は、ストレートタイプの
「全身が非常に肉感的」
「さらに、太ももが太くてヒザ下が細い」
という特徴にあります。
 
足がパンパンに張って見えてしまうのです。
 
しかもそれだけではありません。
ストレートタイプは上半身が大きいです。そのため、とくに男性などはスキニーを履くと、怪盗グルーのような上半身オバケに見えます。

とくに、ガタイの良い骨ストの男性がストレッチスキニーなんて履いた日には、100%ゲ〇にしか見えません。この日本国ならまだしも、海外でそんな恰好をしたら身の安全の保証はできかねます。
 
 
 

似合わせるポイント


スキニーを似合わせるポイント
 
・痩せる(※1)
・自分が、太ももが太くない特異種であることに賭ける
(※2)
・レギュラーフィット(ストレートフィット)が一番似合うのでスキニーにこだわらない
(※3)
  

※1)身も蓋もないのですが、スキニーのような肉体勝負の服は体型がすべてです。
※2)ストレートタイプとは言ってもすべての人がまったく同じ形なわけではありません。例えば筆者ヤヤもストレートタイプですが後頭部は絶壁です(白目)
※3)「話が違うじゃねーか」とお思いかもしれません。すいません。しかし骨ストがスキニーからレギュラーフィットに変えると見違えるほど似合いますので、物凄いこだわりがあるわけではないならレギュラーフィットを履くのが良いと思います

 
 
 
 

骨格ストレートタイプに似合わない服②【横幅のあるフレアスカート / プリーツスカート】


出典:https://wear.jp/bluesky0408/19199814/

 
骨格ストレートにフレアスカートが似合わない理由は以下の通りです。

  • 上半身が大きい傾向のため、ボトムスまで横幅のボリュームのあるものにしてしまうと、上も下も全体が太く見える=いわゆる「力士状態」
  • とくにお尻が大きい骨ストの人などは、腰やお尻のラインを拾ってものすごく横に広がって見える

 
ストレートタイプで標準以上の体型の方は、とくに上半身にしっかりと「肉が詰まっている」ように見えます。
 
それ自体はグラマラスでとても良いのですが、これを隠そうとして上も下もふんわりと大きめのサイズを選んでしまう人は多いです。
実はそれは骨ストには逆効果です。
 
骨格ストレートは体型がグラマラスな分、非常に着太りしやすいタイプなため、実は全然太っていなくても容易に力士と化します。
 
骨格ストレートタイプに最も似合うスカートタイプはIライン(タイト)スカートでございます。
体型に自信がなくてもジャストサイズ(大きすぎず小さすぎず)を着ると不思議と違和感なく決まります。
 
 

似合わせるポイント


フレア・プリーツスカートを似合わせるポイント
 
・なるべく横の膨らみがないスカートを選ぶ
・プリーツが少ないシンプルなものを選ぶ
・トップスをしっかりジャストサイズにする(※1)
 
※1)トップスをダボダボにせずちゃんとジャストサイズにしていれば、下が少し広がっていてもバランスが取れる可能性があります。
 ※要試着


 
 
 
 

骨格ストレートタイプに似合わない服③【横幅のあるマキシスカート】


 
骨格診断の書籍を読むと、どの本にも「ストレートタイプにマキシスカートは似合う」と書いてあります。
ただし、本に書いてあるとはいえ鵜呑みにはしないでくださいね。
 
骨格ストレートに似合うマキシスカートは、「横の広がりがないIラインのもの」に限ります
こちらをご覧ください。
 

千年に一人の美少女・橋本環奈さんでさえ「事故」は避けられません。
ちなみに、この時期の橋本さんは実際はこんなに太っていません
同時期に少年誌でタイトなオフショルワンピースを着ていましたがものすごく細くて奇麗でした。
 
上のマキシは、単純に骨格とコーディネートの噛み合わせが悪すぎた例ですね。
骨格ストレートはこの手の「着太り事故」に非常に遭いやすいです。
 
とくに橋本さんのようにお尻の大きい方の場合、ふわっと広がる素材の場合、スカートがお尻の肉のラインに乗っかってどんどん横に膨張していきます。

似合わせるポイント


マキシスカートを似合わせるポイント
 
・痩せても関係なし
・タイトなIラインのマキシを選ぶのみ

 
 
 
 
 

骨格ストレートタイプに似合わない服④【ミモレ丈スカート】


出典:似合うはずのスカートが?なぜに?おかしいのか?その理由は・・・

骨格スタイルアドバイザー1級のKoyo先生のブログから引用させていただきました。
 
上記の画像は、左から順に「ひざ上丈」「ひざ丈」「ミモレ丈」です。モデルの先生はストレートタイプです。
 
どの丈が一番足が短く見えますか?
 
右端のミモレ丈ではないでしょうか。
「それって、右端がスカートの丈が一番長いからじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、じゃあマキシ丈まで行ったらどうでしょうか。
短くは見えないはずです。しかもマキシタイトスカートは骨ストが大得意なスカートです。
 
ストレートタイプがミモレ丈を履くと、体格のバランスや重心の比率から「なぜか足が短く見える」という結果になってしまいます。
 
「ミモレはどの骨格タイプにも似合わない」というわけではありません。ウェーブタイプ普通に着られますし、ナチュラルタイプに至っては良く似合うとされています。
 
これはとても細かく、言葉にするのが難しい上級レベルのお話ですが、丈まで意識するとよりネクストレベルなコーディネートができると思います(謎の横文字ブーム)
 
 

似合わせるポイント


ミモレ丈を似合わせるポイント
 
・なし
・重心は千差万別なため、ストレートタイプであってもミモレが似合う可能性もありますが、強いこだわりがなければあえてミモレを選ぶ必要はないのではないでしょうか


 
 
 
 

骨格ストレートタイプに似合わない服⑤【リンネル系】


出典:https://wear.jp/israela/

「リンネル系」にもいろいろあると思うのですが、いわゆる世間一般がイメージする「上下ダボダボなあのリンネル系」は、骨格ストレートタイプには似合いません。
「その」リンネル系はナチュラルタイプに最も似合い、次にウェーブタイプに似合います。
身長が低いから似合わないのではなく、骨格の問題です。
 
上の写真の方は左右とも同一人物です。間違いなくストレートタイプでしょう。
左がリンネル系、右がジャストサイズのワンピースです。右は文句なく似合っています。
 
ストレートタイプに「リンネル系」がどのように似合わないかというと、「ダブダブの服の下が全部に見えてしまうから」です。
実際には服の形状のせいで着ぶくれしてるだけなんですが、その着ぶくれが「あ、着ぶくれだな」と認識されずに「肉が詰まってる」と認識されるのがストレートタイプです。
ほぼ胸板の仕業です。
 
これがナチュラルタイプであれば、どんなにダボダボなワンピースを着たところで「肉が詰まっている」という印象にはなりません。
 
  
コーディネート投稿サイトのWEARで「リンネル」と検索してみると分かりますが「あれ、似合ってないな」と思う人は全員見事にストレートタイプでした。
 
 
某辛口女性掲示板にこんな意見がありました。とても辛口ですが真をついた発言だと思いましたので引用させていただきます。

「リンネル系のダボダボ着る人って冴えないちんちくりんな地味で小太りな感じの人が多いイメージ。体型隠そうとするからだろうけど」
出典:https://girlschannel.net/topics/2367340/

私の知り合いのストレートタイプ女性がこれに100%当てはまっていたので、思わず唸ってしまいました。
もちろんそんな人ばかりじゃないですけども(←当たり前やアホ)、やはり女性の目は冷静で厳しい。
 
 
少なくとも、ストレートタイプの方は「体型を隠しておしゃれになりたい」というだけの理由でリンネルを選ぶのは少し考えた方がよさそうです。
 
良いところを消し、悪いところを強調するだけの逆効果になってしまいます。
 
 

似合わせるポイント


リンネル系を似合わせるポイント
 
・石原さとみの体型になる

 
・おしゃれさや大人の余裕は捨てて、ゆるキャラ的な扱いでよければ着てもOK
・自分をもっとも輝かせるファッションを探す(※1)
 
※1)「話が違うじゃねーか」って言わないで(もうええわ)
リンネル系は、骨格ストレートタイプのNGに深く関わってくる系統のコーディネートなので、どうしても「小手先の技で似合わせる」ということができません。

上のポイントはウケ狙いで言ったわけではなく、ちゃんと似合うようになりたいなら大掛かりな肉体改造が必要になってくると思います。

 
 
 
 

骨格ストレートタイプに似合わない服⑥【テロっとしたとろみのある服】

 
とろみ素材の服とは、シルク・レーヨン・キュプラなどの、光沢があって肌にフィットしていて、テロっと下に垂れるもののことを言います。
 
上の画像は小池栄子さん(ストレートタイプ)ですが、とろみ素材のドレスでかなりずんぐりしてしまっています。
理由としては、

  • ストレートタイプ特有の肩の丸みと厚みを全部拾ってしまう
  • 骨ストはグラマラスで胸が出ていたり肩が厚かったりするので、そこから真っすぐ下に落ちるとろみ素材は激着太りする

このように、とろみ素材は骨格ストレートとは非常に相性が悪いです。
 
村上龍氏も「無」になるほどです。

 
 
 

似合わせるポイント


とろみ素材を似合わせるポイント
 
・なし
・とろみ素材にこだわる理由がないならこれを選ばなくてもよい


 
 
 
 

骨格ストレートタイプに似合わない服⑦【フレンチスリーブ / パフスリーブ】


 
フレンチスリーブは、ノースリーブと半袖の中間くらいの袖丈のトップスです。
 
こちらもマキシスカートと並んで骨ストが事故りやすいアイテムでございます。
 
ネットで似合っていないものを探したのですが、シャレにならないくらい似合っていないので載せられませんでした。
しかもご本人は自己採点が甘く、なぜかちょっと満足している様子でしたので余計載せられません(訴えられる)
 
 
フレンチスリーブは絶妙に骨ストの腕の肉が強調される丈です。
ノースリーブか普通の半袖なら大丈夫なのに、なぜフレンチスリーブなんだ?というおばさんをよく見かけますよね。なぜそれを選んだのかと。
 
パフスリープ(ぽわん袖)も同様に上半身、とくに肩のたくましさを強調してしまいます。
 
 

似合わせるポイント


フレンチスリーブ・パフスリーブを似合わせるポイント
 
・腕と肩が細ければ似合う
・カーディガンやジャケットを羽織る(元も子もない)
・そうでなければ、この袖以外の袖タイプを選ぶ
(※1)
 

※1)ストレートタイプに似合う袖丈は、長袖、ノースリーブ、半袖です。

 
 
 
 

骨格ストレートタイプに似合わない服⑧【ウエストが絞られていないワンピース】


 
骨格ストレートはグラマラス、としつこいくらいに言ってますけれども、これはワンピースの着こなしにも言えます。
 
上の橋本環奈さんの画像をご覧ください。右はウエストにしっかりフィットしたタイトなオフショルワンピース、左はウエストが絞られていないものです。
 
左側のワンピースは、胸に引っかかった布がそこから真っすぐ下に落ちますので、もちろんその分太く見えます。
バストが90㎝ならウエストも90㎝です
 
これは胸の大きな女性の悩みでもありますよね。ただし、この悩みを持っているのはほぼストレートタイプの女性だけです。
 
 

似合わせるポイント


ウエストが絞られていないワンピースを似合わせるポイント
 
・ウエストが絞られていない状態で似合わせる方法はなし
・ある程度の着ぶくれは割り切って着るかウエストマークをする

 
 
 
 

まとめ&その他の似合わない服

ここまで、骨格ストレートタイプに似合わないとされる服について、その理由も含めてお話しさせていただきました。
 
その他に骨格ストレートタイプに似合いにくい服は
・ダウンジャケット
・ダウンコート
・厚手素材トップス
・ショートパンツ
・首の部分が分厚いタートルネック(首が短い傾向にあるため)
です
 
ここまで読んでくださった方なら、似合いにくい理由はもうお分かりだと思います。
 
 
 
この記事を読んで、骨格診断というものが「保守的な、型にはめようとする」ものなんじゃないかという印象を持たれた方もいると思います。
そうした方はきっと服が大好きな方なのではないでしょうか。
 
一方で、私などは、あまりこだわりがなく「服は似合ってさえいればいい」「かっこ悪くなければそれでいい」というタイプですので、骨格診断は大いに役立っています。
骨格診断は、どちらかというとそうした思いを持っているけど「だけどどうしたらいいか分からない」という人に支持されているように思います。
 
骨格診断などのイメコン知識で武装すれば、いままで「センス」の一言で片付けられていたファッションの「聖域」にしっかりと踏み込むことができます。
 
よろしければ、当サイトの他のイメコン記事もご覧になってくださいね。
それでは、お読みいただきありがとうございました。

-骨格診断
-

© 2021 Pobby House Powered by AFFINGER5